【USBメモリーの分解】メリットはないけどやってみたい

分解してみたい衝動に駆られて

USBメモリーを分解してみました。これはAmazonで\484円で購入した16GBのモデルです。容量の割には安かったので明らかに中国あたりで作られたものだと思うのですが、案の定使っているうちに手で触れなくなるくらい熱くなり、中身はどうなってるんだろう…と気になったので分解をすることに(笑)

まぁどうせ捨てますしね。

さっそくニッパーで端のプラスチックを取り除いていきます。以前ネットで「USBを分解したらSDカードが入ってた」的な記事を見たことがあるので、内心SDカードが入っていないかワクワクしながらプラスチックを取り除いていきます。とりわけ中国のパチモン市場ではよく見られる現象だそうです。

あれ?ふつうじゃん!?

別にUSBメモリーの中にSDカードが入っているようなパチモンではなかったようです。本体が発熱するのは単に組み立て精度とか製品の質とかそのあたりの問題なんでしょうね。なんだか良かったような寂しいような複雑な想いです(笑)今後は高くとも信頼ある日本製の製品を購入していこうと思います。