ノンフライヤーとバルミューダでじゃがバターをつくる

記事内に広告が含まれています。
広告

お湯を使わず簡単調理

毎日食べたいわけではないけれど、たまに無性に食べたくなるのがじゃがバター。じゃがいもは茹でると時間がかかるので、最近は電子レンジで調理する人が多いみたいですね。しかも600Wで6分ほどなので茹でるよりも断然早い!ということでさっそくじゃがバターをつくっていきます。ついでに素材の味を引き立てたポテチも作ります!

不揃いのじゃがいもたち。皮は丹念に洗って根は取り除いていきます。

某車中泊系動画で有名なアイラップ。ようは袋タイプのラップなので非常に汎用性が高い便利なグッズです。玉ねぎの皮のような臭いが強いものを捨てたり、排水口のゴミを取り除く際にもアイラップは重宝します。このまま熱湯に放り込んでもOK。

バルミューダで600W、6分に設定。今までノンフライヤーばかり使ってきたけどやっぱり電子レンジは便利!

電子レンジで温めたあとはノンフライヤーで周囲をカリッと仕上げていきます。

同時進行でポテトチップスもつくります。1枚1枚切ったけどスライサーが欲しいなぁ。

じゃがいもにバターを添えて完成!うん、めちゃくちゃ旨いですね!高速道路のSAで売られていたとしても全然いけるレベルです。むしろ味の違いをだすほうが難しい食材なので、いかに簡単に調理ができるのかがトピックになると思います。

じゃがバターを美味しく食べているうちにポテチも完成。通常のポテチだと油由来の香りがしますが、ノンフライヤーで焼くと芋感がかなり強調された風味に仕上がります。パリッとした部分としっとりとした部分が両立したなんとも不思議なテイスト。じゃがバターと同様についつい手が進む絶妙な逸品です!

created by Rinker
¥7,800 (2024/06/13 14:57:11時点 楽天市場調べ-詳細)

コメント