BMW Z4の維持費(2019年版)

Z4の3年間の維持費

購入したZ4が最初の車検を迎えた(2018年)ので過去3年間に渡る維持費をなんとなく把握することができました。

これまでに整備した内容

2015年

  • オイル交換(フィルター込)…24,206円

2016年

  • タイヤ交換(ランフラット)…240,683円

2017年

  • オイル交換(フィルター込)…24,206円

2018年

  • 初回車検…153,201円

2019年

  • オイル交換(フィルター込)…24,281円
  • 冷却水補充…10,850円
  • ルーフ油圧修理…533,024円

累計(3年間)

▼1,010,631円

でした。ちょこちょこ整備していたので自覚が無かったのですが、なんだかんだで100万は超えていたみたいです(^o^;)特にルーフ修理(油圧系統のオイル漏れ)が維持費全体の5割を占めているので、オープンカーでなければこの金額の半分くらいがおおまかな維持費でしょうか。

全て正規ディーラーでお願いしていたので、民間の修理工場ならもっと安くあがるかもしれません。近頃は外車を扱ってくれる所も増えていますしね(^o^)エンジンや骨格自体は日本車以上に頑丈ですから「愛情があれば30万キロでも40万キロでも乗り続けられますよ♪」とディーラーの方が説明してくれました。

3年間での維持費100万は安いのか?

前述致しましたが、Z4は電動開閉機構を備えたリトラクタブルハードトップを採用しています。つまりオープンカーでもなければこの手の故障はありません。

修理費用53万と聞くと日本車のエンジン交換(平均40万)よりも高価なので何コレ?って思われる方もいるかと思いますが、実は特別驚く価格でもないのです。日本車でもルーフの開閉が可能なレクサスSCやレクサスISクーペカブリオレだって修理を行うと同じくらいの金額がかかります。

これはリトラクタブルハードトップが抱える宿命でもあり、特別ドイツ車だから高いと言ったわけではないのです。確かに電装系が弱いのは事実ですが…。整備費用だって民間の車検工場にお願いをすれば10万以下で行うことも可能ですし、オイル交換だって1万円以下でやってくれることもあるでしょう。

下手するとトヨタやホンダのディーラー車検よりも安く済ませられる可能性もあるんですよ(o・ω・o)

民間整備工場で直せない故障もある

まずはルーフですね。これは特殊過ぎてディーラーでないと直せません(笑)そもそもZ4自体の流通量が少ない上に、ましてやルーフ修理なんて経験豊富な民間工場があるわけないんですよ。ですからBMMのオープンモデルを購入する際は私と同じようなコストが発生する可能性があることを念頭に入れておきましょう。

次点でDSC…。DSCとはダイナミクス・スタビリティー・コントロール。ようはトヨタで言うVDCと同一のものです。これは走行中において常に作動を続けており、急な路面変化や姿勢の制御をコンピューターが自動的に行ってくれる安全装備のひとつです。

特にBMWで一番売れている3シリーズで多く発生している故障のひとつなんですけど、これを修理するのも50万くらいかかるんですよ(笑)すべての車でDSCが故障するわけではありませんが、そのへんは電装系が日本車ほど丈夫ではないBMWですからね。

エンジン自体の故障が起こりにくいと考えると実質的に一番高価な修理内容がDSCなのではないでしょうか。(ディーラー談)これらはパーツ自体が日本で製造されていない為、ドイツから空輸(あるいは輸送船)で取り寄せる必要性があります。

私のルーフ修理に使用する部品もドイツ本国からの発送になるので到着に1週間くらいかかりましたね。(逆に1週間で済むんだと思いました。)

結論

BMWの維持費は確かに国産車より高いです。前述で…

  • 下手するとトヨタやホンダのディーラー車検よりも安く済ませられる可能性もあるんですよ(o・ω・o)

と述べたばかりですが、それは正規ディーラーで整備をした国産車と民間整備工場で整備をしたドイツ車を比較した場合です。当然ですが国産車が民間整備工場を利用すれば国産車の方がドイツ車よりも安くなります。これは部品代と工賃が影響する部分です。

整備における考え方も国産車とは異なり、性能を犠牲に耐久性を高めた日本車と、耐久性を犠牲に性能を高めるドイツ車とは根本的に考え方が異なります。ようはドイツ車の場合は消耗品がちゃんと消耗するので、定期的に交換を行わないと本来の性能が発揮できなくなるんですね。

そのためBMWでは予防整備の考え方で、まだ使える部品であっても新品に交換してしまうことで車自体の耐久性を高める意図があります。これは人間だって相当なお金をかければ外見年齢を若く見せることができますよね。毎日ヒアルロン酸を摂取したりだとか。

BMWの場合も同じであり、お金をかけて性能を維持する性質上どうしても整備費用は高くなってしまいます。しかしその分だけ運転をする楽しさや、安全に走るためのスタビリティーあたりは満足のいくレベルで提供してくれます。これはBMWに限らずメルセデスやポルシェにも言えることですよ(^o^)

コメント