【Nintendo Switch Lite】バッテリーの減りが尋常じゃない

久しぶりの携帯ゲーム機

携帯ゲーム機の利点!それは寝っ転がりながらゲームができること(・ω・*)

迫力を求めるのならモニターで十分ですけど、私は迫力よりも利便性を求めてしまうんですよ。そもそも任天堂はSwitchを据え置き、持ち運びに対応した兼用モデルとして販売していましたが、2019年9月にSwitchライトを発売したってことは携帯専用機にも需要を見出だしたってことですよね。

言いかえれば任天堂自体が据え置きSwitchの持ち運びが困難であったことを認めた形になったのではないでしょうか。そりゃ3万超えする端末を子供に持たせるのは不安ですからね…耐久性的にも。と言うことで携帯ゲーム機好きな私は早速買ってしまいました♪ちなみに2台です。

色はオーソドックスなグレーとライトグレー(ポケモンソード、シールド発売記念?)です。ライトグレーは裏面にパッケージポケモン的ないらない刻印が入っています。まぁ半透明のシリコンカバーを被せれば見えなくなりすけど、正直カッコ悪いので無地にしてほしい。

Switchライトのデザインは全体的に丸みを帯びていて可愛らしいですね。ライトグレーの本体はボタンが左右で別のパステルカラーになっているので、淡白なライトグレーの本体には割と合っていると思います。てか実物はかなりいい(・∀・)一方でグレーの方はガジェット感が強いかな。

一応同封物の写真。これしか入っていなかったです。昔は分厚い説明書やら何だかよく分からないゲームソフトの広告みたいな物がたくさん入っていましたけど、最近の電子機器の箱の中は本当にシンプル。パソコンですら説明書が入っていない時代ですからね。

ちなみにグレーはこんな感じ。どことなく重厚感があるので、高性能に見えるのは断トツでグレー。白いボタンは使っているうちに変色しそうなのでカバーは着けておいた方が良さそうですね(・ω・*)…ってことで早速着けてみましたよ。2個入りで580円。

ちなみに今回はポケモンソード、シールドを両方購入しました。

パッケージは微妙。特にソードなんてライオンが剣を咥えただけ…ただの備品じゃん(笑)正直ポケモンシリーズは飽きた感があるんですけど、今回はSwitchベースになったことによる画質の向上とシンボルエンカウントによるポケモンとの遭遇(ランダムエンカウントは大嫌いなので)が決め手になって購入を決意!

ただね、やっぱりROMの問題なのかたくさんのポケモンがリストラされてしまいましたね。肝心のシンボルエンカウントについても少し離れると画面上から消えてしまうので、結局はSwitchであることを意識させられてしまう場面が多々ありました。あり得ないけどPS4だったら処理的に理想なんですけどね(^_^;)

あとどうしても言っておきたいことがバッテリーの減り方。歴代携帯ゲーム機のなかでは断トツで減りが早いのではないか?しかも充電が遅い。充電しながらゲームをプレイしているとバッテリー容量がほとんど増えない。つまり外で遊ぶことを考えるとかなり頼りないのでモバイルバッテリーは必須です。