Amazonで4,000円の冷風機を購入してみた

熱帯地域のような台所に

猛暑!8月の気温はとにかく暑い!普段過ごすリビングは23度設定で常に快適なんですけど、台所にはエアコンがついていないのでドアを引くとムワって熱気がくるんですよ…。まぁ扉を開けとけば済む話なのかもしれませんが、玄関のドアが目に入るのも何となく嫌なので。

それに何かと活躍の多いノンフライヤーとか、浴室乾燥機なんて付けた際には(台所の隣にバスルームがある。)熱帯地域さながらのジャングルみたいな気候を肌で感じることになります(笑)なんだかんだで夏って2~3カ月くらいありますから、少しでも快適に過ごせる環境くらい用意したいもの。そこで購入したのが…。

段ボール!

……

ではなくて…。

ジャーーーン!って言えるものでもないけど、いわゆる冷風機を購入しました。Amazonでだいたい4,000円くらいです。エアコンと比べて非常にリーズナブルな価格ですね(^o^)まぁ原理としては凄くシンプルで、タンクに貯めた水を扇風機の風で揮発させて冷たく「感じさせる」だけのもの。

平たく言えば扇風機の風に水分をまぜたものですね。使い方を変えれば加湿器みたいな感じです。ですので部屋全体を涼しく冷やす効果は期待できません。あくまで風が当たった部分が冷たく感じるって程度です。気休めだと分かりつつもついポチってしまった代物。使い勝手はいかに!?

結論。

……

気休めだった!

そこそこ風は冷たい気もするのですが、これなら大風量の扇風機の方が火力のゴリ押しで涼しく感じるレベル。どちらかというとムーディーランプとしての使い方の方が合っているのかも…。というよりビジュアル的には加湿器ですね。なんか凄く空気中に水分を撒き散らしている感はあります。

イメージ的には「熱帯地域に風が吹いた」くらいの効果だと思います。もう面倒くさいので台所が暑くて耐えられない時はリビングとの扉を開けておくことにしました。結論として4,000円の価値があるかと問われれば、加湿器としてはあるかもしれないけど冷風機としては微妙と言ったラインです。

コメント