【IKICHノンフライヤー】もうフライパンなんていらない!

油を使わずヘルシー調理

まずは一般的なフライヤーとノンフライヤーの違いから!

  • フライヤー(150~200℃くらいの油で揚げる)
  • ノンフライヤー(高熱の対流で揚げる)

これだけの違いです。巷ではノンフライヤーは体に良いと謳われていますが、それは油を使わないことに起因するコレステロールやカロリー摂取量の抑制によるもの。特に揚げ物が好きで好きで堪らない根っからのアゲラーの方には無視できない調理器具だと思います。

ちなみに私がAmazonで購入したノンフライヤーがコレ♪

IKICH電気フライヤー

  • (価格)8,880円
  • (容量)3.6L
  • (サイズ)37×32×32
  • (出力)200℃
  • (タイマー)1~60分

なかなかに充実した内容です。3.6Lもの容量があればマックのポテトLサイズを一気に4人分調理できます。さっそくですけどノンフライヤーで一番やってみたかったフライドポテトを調理してみましょう!

8分後…

キターーーーー(°∀°)ホクホクのポテトが出来上がりましたね。外も油で揚げたみたいにカリカリしています♪そして次に個人的に試してみたかった鶏肉を調理してみました。

どれどれお味は?

ウマイ!テーレッレッレー♪(ねるねるねるね風に)

むしろフライドポテトより焼鳥の方が美味しいぞ。色々な人の製品レビューを見てると実はそんなに期待できる商品ではなかったんですよ。正直買う前は「ノンフライヤー=ポテト製造機」くらいに思っていて、紹介にあるような鶏肉やらシフォンケーキやらってどうせ微妙な出来映えだろうと思っていたんです。

ところが…ところがですよ!思いっきりちゃんと焼けているんですよ(゜ロ゜)いやぁビックリしましたね!焼鳥の風味が完全に再現されていてフライパンで調理するより圧倒的に美味しい!外はちゃんとカリカリしているし中身は唐揚げのようにジューシーな仕上がりです。

追記

これを購入してからフライパンを使わなくなりました。ポテトや焼鳥に限らず、ステーキや野菜炒め、ホットケーキに至るまでほぼノンフライヤーで調理しています(あとはレンジとか)。だけどノンフライヤーも万能ではなく、油に浸して調理する天ぷらやドーナツは調理できません。

ノンフライヤーの原理はあくまで熱風を風で当てているに過ぎず、外から焦がすことはできても内部から水分を飛ばすことは苦手です。つまりノンフライヤーはフライパンの代用にはなっても揚げ物系調理器具の代用にはなりません。ドーナツを作ろうとすると表面が焦げてビスケットになります。

それでもフライパンを使わなくなったことによるメリットは大きいです。調理中は完全に密閉された空間になるためフライパンのように周囲が汚れる心配がありません。掃除の手間は料理の効率化にも直結しますから、ノンフライヤーの購入によって自炊率が向上しました(・ω・*)めちゃくちゃ活用してます!