Xperiaの電池を自分で交換

意外とシンプルな電池交換

過去に別ブログで書いていた記事の最新版です。

Xperiaに限らず防水機能をもっているほとんどのスマホが自分で電池交換が出来ないような仕様になっています。

これはiPhoneでも同様の悩みがあり、背面がガラス処理かアルミ加工になっているとパカっと開けるためのフタが存在しないんですね。

特にアンドロイドはバッテリーが劣化して40%の充電能力しかなくてもフル充電で「残量100%」と表示するため、バッテリーの減りが通常よりも顕著になることで劣化具合が確認できます。

とりあえずバッテリー自体はアマゾンで\2,000以下で購入できるので、物は試しと言うことで自分でやってみましょう(^0^)

今回は万が一失敗してもショックが最低限で済むように、過去に使っていたXperia Z1で交換してみます。

中身を開けるとこんな感じです。

まずはドライヤーで周囲を温めて、粘着テープを剥がしやすくします。そうそう……スマホの背面って意外とネジとかではなくて粘着テープで固定されているんですよ。

特にガラスは薄くて割れやすいので、端の方から慎重に剥がしていく必要があります(´・ω・`)

オッ!ここまでくればもう少しですね。浮いたところにプラ棒をぐいっと差し込みます!ちなみにこれらのグッズはアマゾンで800円ほどで購入できます。

無事に剥がし終わりました!

粘着テープは剥がす際に伸びたり縮んするので交換後の防水性能は期待できません。どうしても不安な人は別途専用の両面テープを購入すれば良いと思います。

ちなみに本体裏側にはまっている黄色い物体が純正バッテリーです。こちらをどこが作ってんだか分からないOEM品に取り換えていきます(笑)

ここからは星型の専用ビスを外す必要があります。通常のプラスドライバーやマイナスドライバーでは作業を行えないので注意しましょう。

右が取り外した純正バッテリー。なんだかパンパンに膨れ上がっていますねwww

交換後はガラスパネルを戻す前に電源を入れてちゃんと起動するかを確認しましょう。これで起動しなかったらまた分解しないといけませんから。

起動!

いやぁ疲れました(^o^;)体力的にではなく精神的にです。ちょっと油断するだけで背面パネルなんて簡単に割れてしまいますから剥がす際の労力が一番大変でしたね。

ちなみにこの作業を行ったのが2016年なので交換から丸2年経過していることになるのですが、バッテリーの持ちは極めて良好です!試す価値……ありですよ(^o^)

コメント