BMW Z4 納車の日

運命的なZ4との出逢い

直感だったのか?

インスピレーションだったのか?

気がつけば私の駐車場にZ4が停まっていました。本当だったら今頃528iが納車されていたはず。だけど人間は第一印象がその人の8割を決める…と言われるように、車にもデザインによる訴求力が一番強く働くのでしょう。

あのときBMWディーラーで「こちらはどうですか?」とZ4に案内されていなければ、私は普段と変わらぬセダンライフを満喫していたと思います。想像のつかない未来、だから人生って面白い、生きるって素晴らしい!

Z4はとにかく特殊な車です。2人しか乗れないし荷物も積めない、それでいてエンジンは直列6気筒の超重量物!これを無理矢理パワーで引っ張るのがBMWの流儀なのでしょう。エコの時代とは正反対の完全趣味車です。

だけどこの車にはそれらを無視してでも惹かれる特別な要素があります。それが「カッコいいデザイン」と「オープンカーである」こと。この2つが私の車選びの感覚を完全に麻痺させてしまい、気がつけば600万円の契約書にサインをしていました。

当初予定していた5シリーズよりかは安いからまぁいいかな…。

おおまかにBMW Z4という車をまとめると↓↓↓

  • 2シーター
  • 電動リトラクタブルハードトップ
  • BMW最後のNA6気筒2,500cc
  • 最高速度264キロ
  • 可変マフラー

ちなみにこの車を購入する時点では既に後期型となるsDrive20iの販売が始まっていましたが、こちらは6気筒ではなく2,000ccの直列4気筒ターボモデル。だけど私が購入したZ4は在庫品ゆえに少々年式の古い前期型のsDrive23i。6気筒であることが即決の原因だと思います。

それにデザインがめちゃくちゃイイ!数あるオープンカーの中でもこれだけ筋肉質でイケメンな車は数えるほどしかないと思います。こうして私はZ4をマイファミリーの一員として迎え入れたのです。

あとディーラーにこんな車が置いてありました。このスーパーカーチックな車はBMW i8。いわゆるプリウスのようなハイブリッドカーです。驚くことにこの車はたったの1,300ccしかありません。だけどモーターの力も合わせて363psも出るそうな。

星空に馳せるロマン

待ちに待った納車の日。せっかくだからと立ち寄った洗車場でルーフを開けてみます。

ウィーン

クゥゥゥウウウン

クゥンゴトッ!

という独特なモーター音が辺りに響き渡ります。約20秒ほどで開閉するハードトップはどこか芸術的な動き…なんというか後部ウィンドウが屋根に乗っかる不思議な動作をします。よく分からないけど最近のリトラクタブルハードトップは複雑な動きをするんですね。

この複雑な機構のおかげでルーフを閉じていても美しいクーペスタイルが実現されているとのこと。正直オープンカーのメリットなんてロマンだけです。ロマンを追い求めた結果、実用性はほとんど捨て切っています。

言葉はいりません!オープンは楽しいです!夜になってからルーフを開けるとそこには何億個以上もの星々が頭上に映し出されるんですね。まさに天然プラネタリウム!あの狭っ苦しいクーペの空間から一転して、他のどの車よりも広大な頭上空間が広がることに一種の感動を覚えました。

同時に学んだのは冬という時期だからこそオープンが際立つということ。エアコンの温風は足元に当たりますから露天風呂の原理と一緒で冬は快適です。一方で夏はただのサウナなのであまりオープンには向きません。なので年間を通してオープンで走ることは想定しない方が良さそうですね。

BMW
広告
リベログ

コメント