BMW

BMW Z4 トランクが水没して修理代金が凄かった

Z4のバッテリーって水没するのね

10日程前の記事でZ4のリモコンが反応しないという記事を書きました。反応しなかった原因はリモコン側ではなくバッテリー側の問題だったらしいのですが、あれからディーラーで原因を探ってもらいようやく結論が出ました。それがまさかのバッテリー水没!どこからか水漏れがあるらしいですね。

BWM Z4 リモコンキーの電池交換でまさかの○○円!

事前にディーラーの人が送ってくれた写真がコチラ。

↓↓↓

暗くて見えづらいかと思いますが、バッテリーもフューズボックスも見事に水没しているのが確認できると思います。パット見穏やかな水面というか…いかにも体に悪そうな粘質感というか…なんともいえない恐怖感を感じますね。漏電していた状態なので腐食も凄そうです。

色々な方向から水をかけてみても水漏れの症状は出ず、最終的にリアベンチレーションなるゴム部分から浸水したのではという結論に至りました。とりあえず車が必要になってしまったので一時的に引き取りに行きます。バッテリーが浸水しているということは色々と高額な匂いがプンプンしますね。

待っている時間で撮影した3シリーズ。やっぱグレーってイイね!

そんで提示された見積もりがコチラ。

↓↓↓

426,228円!

あの〜今年だけで修理代が100万円超えそうなんですけど…。

とりあえず自走は出来るので引き取ります。

高額になった原因はルーフを開閉するためのハイドロリックユニット。こいつだけで327,800円かかります。他に浸水したバッテリーが54,010円なのですが、こちらはまぁふつうの価格。つまり工賃どうこうの話ではなくそもそもハイドロユニットが高すぎるわけです。

思えばルーフの油圧修理でも約53万円かかっているのでオープンカーでなければこれほどの出費はなかったかもしれませんね…いや、絶対そうだ(笑)とりあえず車は生活必需品ではないので趣味として割り切ればいいのかもしれませんけど痛い出費であることに間違いはありません。

ちなみに水漏れしただけで約43万円もの出費になるのはZ4の構造上の問題なんだそう。何らかの理由で水が浸入しても排出するための穴がないから溜まっていく一方で排出されないらしい。えっ、結露対策は?って思うけどドイツって高温多湿じゃないから気にならないのかな。

あとバッテリー周りに今回の悪玉コレステロール的なハイドロリックユニットやフューズボックスが固まっているのも被害が大きくなった原因。本来なら虫歯と一緒でもっと早く発見すべきだったんだけどそれが難しいのです。ディーラーの人もトランクを見て初めて構造が分かったくらいだから…。

-BMW

© 2021 リベログ Powered by AFFINGER5