日常

新居 玄関ポーチを削って駐車場を広くする

本来は軽自動車向けの駐車場

物件の問い合わせをした時点では気が付かなかったのですが、自家用車を実際に停めてみるとギリギリ入らないことが分かったので引き渡しのタイミングで玄関ポーチ(オレンジの階段部分)を削ってもらうことにしました。入口は狭くなりますがドアはスライド式なので車に干渉することはありません。

とりあえず業者の方が来て作業開始!

↓↓↓

ちなみに写真は作業2日目。朝から昼にかけてコンクリートを砕く音が響き渡ります。今更ですけどコンクリートって堅いんですね。なんだか家全体が親不知を抜いているような感覚になります。

作業3日目。削られた部分にコンクリートが流し込まれてそれっぽくなりました。どうでもいいけどやっぱり歯の治療に通じるものがある。この時点ではコンクリートが内部までしっかりと固まっていないので車を置くことはできません。早く停めたいけど我慢も大切。

5日目。車を停めていいですよと言われた最低期日が訪れました。だいぶ色がコンクリートっぽくなりましたね。以前契約していた駐車場の期限も迫っているのでさっそく車を取りに行きます。

あると安心なパーキングブロックもAmazonで購入しました。

見た目はごく一般的なパーキングブロックですね。

後ろの壁にぶつからないようにパーキングブロックを設置したら作業完了です。これがあるとないとでは駐車時の利便性が大きく変わりますからね。パーキングブロック自体は2,000円前後で販売されているのでコスパも非常に高いです。コンクリート製なので取り扱いにはご注意を…。

-日常

© 2022 リベログ Powered by AFFINGER5