BMW 1シリーズ(118d M Sport Edition Shadow)レビュー

積極的に選べるモデルへの進化

  • 2,000cc直4ディーゼルターボ
  • 150馬力/トルク32.6
  • 5ドアハッチバック

今回は代車で提供して頂いたBMW 1シリーズ(118d)の走行レビューです。Z4のルーフ修理に1週間はかかるそうなので、1週間まるまるお借りしました。

しかもなぜかM Sport Edition Shadowなので、通常モデルよりとアグレッシブなエクステリアとなっております(o・ω・o)価格は4,070,000円…まぁ乗り出しに4,300,000円はかかりそうですね。1シリーズもかつての3シリーズ並の値段になってしまいました。

サイドから見ても非常に引き締まった印象を与えてくれます。このあたりは専用のブラックグリルとブラックタイヤの影響も大きいかと思いますね。

インテリアはこんな感じです。一応この車は前期型があって、このモデルは後期型になるんですけど室内は「ほんとに同じ車なの?」ってくらい質感が向上しています。

最新の1シリーズということもありレーダークルーズや自動ブレーキなどの安全装備は基本的に揃っています。レザーパッケージなのでシートヒーターもこの時期は嬉しいですね。腰と太ももを暖めてくれるのでエアコンをつけなくても室内は快適です。

他にもアンビエントランプ(キーレスでカギを開けるとドアノブを照らしてくれる)や室内イルミネーションも最新のBMWの流儀です。

キーレスはこんな感じ。青いアクセントがカジュアルで良いですね(o・ω・o)ディーラーらしく純正キープレートもついています。

少し分かりづらいシフトレバー。私のZ4は前期型なのでこのタイプではありません。慣れていないと最初の数回は使い方に苦労します。iDriveも搭載されていますが、これが故障すると40万はかかるとのこと…。ですので私のZ4はナビなしのスタイルエッセンスに国産ナビをつけています。

メーターは黒い板のようなパネルに映し出される自発光式。これは2シリーズにも採用されていますが、見た目がフラットなので質感が非常に高いです。

インテリア照明。特に機能性はないですけどあるとないとでは「あった方がいいかなぁ~。」くらいの満足度です。

魅惑のディーゼルターボ

とにかく速いです(笑)さらに上を見れば直6ターボを積んだM140iの方が凶悪な加速力を見せてくれますが、このクラスでこの速さは過剰です。ただある程度速度がのってくると排気量の壁を感じることもありますが、日常生活においてよく使うのは40~60キロの速度域なので問題ありせん。

いや…この際1シリーズという偏見を捨てた方が懸命な判断というものでしょう。いつまでも価格対性能のような古臭い考え方に縛られてはいけません。これまでの1シリーズは「BMWが欲しいけど維持費が高いから1シリーズでいいや。」と言った妥協感があったことも事実です。

しかし今回の1シリーズは一切の妥協を捨て「あえて選ぶモデル」への進化を遂げたと思います。それだけこのモデルの完成度は高い(o・ω・o)つまり4,300,000円の価格は高いのではなくむしろ妥当!むしろ6,000,000円の私のZ4より明らかに快適性は上です!

(そもそもサーキット走行を前提とした骨格にリトラクタブルハードトップを積んだ完全な趣味車と比べるのも無理がありますが……。)

これメルセデスのAクラスにも言えることだと思うんですけど、どうしてもこのクラスって妥協感があったんですよ。だけど実際に乗ってみると、メルセデスのAクラスだってしっかりとした個性をもっていることが分かります。つまり分かる人にはAクラスであってもEクラスにはない価値が見出だせるんです。

BMW 1シリーズだって同様に、分かる人には3シリーズや5シリーズにはない個性を理解しています。どうしても排気量が大きい方が格上ってイメージがありますけど、それは車体が大きく重たくなるので仕方のないこと。

軽ければ小さいエンジンでも過不足なく走ってくれます。運転していて楽しいのはZ4ですけど、日常の快適性を求めるのなら1シリーズでも十分なのではないでしょうか。

コメント