日常

2個買うよりお得なペヤングの話

ビックマックバーガーとは逆の発想

私の高校時代に流行っていたのがハンバーガーを2個買って合体させてビックマックバーガーを作ること。ビックマックバーガーの価格は390円、ハンバーガーは1個110円なので合体させて食べたほうが安く、しかもパンズが1個余るオマケ(?)もあったので圧倒的に合体派でした。

当時はハンバーガーが1個65円だったので尚更コスパが良かったんでしょうね。ちなみにハンバーガーではなくチーズバーガーで合体させても280円で済むのでビックマックバーガーを買う意義すらよく分かっていませんでした。多分箱が高いんだろうと(安いのは包装紙)勝手に解釈しています。

ということで購入したのが190円のペヤングソースやきそば(超大盛)!

確かに大盛ですが中身はこうなっています。シンプルに通常サイズのやきそばが2個入っているだけなので、逆に言えば1個ずつ調理すれば2人前のペヤングを作れるわけです。つまり2人前がひとつのパッケージに入っているだけってこと。ポケモンの初回限定2個パックみたいな感じ。

サッと調理!個人的には明星一平ちゃん派だけど文句は言わない。

ヤバっ、トッピング出すの忘れて水没してた…。

ハイ、2人前の完成です!

ペヤングの場合は通常サイズが130円くらいなので2個買うと260円…つまり同じ容量なら超大盛のほうが若干お得になります。これはハンバーガーとビックマックバーガーとは逆の関係ですね。一度に2人前を作ることが前提(ソースは分かれていない)ですがコスパを考えれば良い選択だと思います。

-日常

© 2021 リベログ Powered by AFFINGER5