【キングダムハーツⅢ】もはや存在自体が過ぎ去りし思い出

10年前は楽しかったんだけど…

ナンバリング出るのが遅すぎたwww

私がキングダムハーツシリーズのファンになったきっかけが9年前に発売されたバースバイスリープ(以下bbs)。当時はランダムエンカムントが大多数であったRPGのジャンルのなかで、半シンボルエンカウント(完全なシンボル式ではなく近づくと空間に表れる)という画期的なシステムに魅力を感じました。

従来の何も存在しない空間から敵がパッ!っと出てくるランダムエンカムントには解決しようのない違和感があり「いや、ふつうは敵見えるだろ?」「こいつらみんなワープしてくるのか?」って感じで嫌だったんですよ。メタ的に言えば画面上に表示できる処理上の都合があったんでしょうけどね。

とにかく当時はbbsが楽しすぎて会社を休んだり(笑)、そこから派生させてキングダムハーツ358/2days、そしてキングダムハーツ2とプレイを重ねてきた経緯があります。自分が経験してきたゲームの中ではドップリとはまったタイトルなのですが、今作は少し状況が異なります。

一言で言えば発売時期が遅すぎて熱が冷めました。派生作品はちょこちょこ出てきていましたが、2の実質的な後継となる3が発売されたのが14年後!当時高校生だった年代でもとっくに30歳は越えてますから感情移入どこの騒ぎではありません。つまり当時現役だった世代は思い出補正として当作品を買うわけです。

私も思い出補正を頼りに購入してしまった一人。こうなると単純にプレイする際のアクション要素よりも今まで作品内で解決されなかった伏線の回収にウエイトが置かれます。「ヴェントゥス、テラはどうなった?」とか「XⅢ期間の目的は?」とかね。

画質はプラットフォームがPS4になったこともありなかなか綺麗♪私のようなグラフィック廚には満足できる部分です。操作性は2とbbsをベースに3DS要素が混ざった感じ。ようするにゴチャゴチャ。特にMPの概念はbbs系で良かったんじゃないですかね。使いきったらチャージするタイプは単純に古い。

敵キャラもオールメンバーで総出演!たぶんこの演出が後述する飽きの要因になったんだと思います。

アクセル(今作では人間に戻っているのでリア)はやっぱり続投。うんうん、人気高いからね。

トイ・ストーリーや…

ラプンツェルのステージも!

単純にプレイした感想です。

……

スイマセン、かなり序盤から飽きました(^_^;)まず明らかに興味のないステージを進めていくのが辛い!アナ雪やラプンツェルは個人的に見所があったのですが、モンスターズインクとかヘラクレスはいらんなぁ~(笑)まぁ2時代でいうシェンムーのような立ち位置ですね。

それに物語後半での伏線の回収が雑!ROM容量的に行き詰まったのか、或いはスタッフのやる気が限界だったのか…とにかく後半のご都合主義的な展開はやっていて苦痛でした。多くは語りませんけど以下の部分に期待していた人には残念な内容かな…。

  • テラの復活の仕方→手抜き
  • ロクサス→俺は俺でいい(←?)
  • リア(アクセル)とアイザ(サイクス)の思惑→分からん
  • アクセルの活躍→空気
  • ソラとカイリの関係→特に何もない
  • 新ギミック→記憶にない
  • シグバールの目的→続編への引き延ばし戦法
  • パーレイ!
  • 広大なステージ→宝箱探しが大変

とにかく物語後半からデパートのタイムセールのごとくキャラクターを出しすぎ!しかも対峙する敵キャラが都合よく振り分けされてるのね…。「やべっ!もう終わりだ!急がなきゃ!」って感じで展開が進んでいくので、このあたりが思い出補正で購入した人には一気に冷める部分。

なんだかんだでプレイはしましたが、そもそも発売時期が遅かったのが致命的でしたね。14年分の蓄積があるかといえばそうでもないし…。どちらかというと新規参入者向けのゲームって感じがしました。今年発売予定のFF7リメイクも数年前だったらもう少し話題になったのでは?

とは言いつつもグラフィックの進化やそれに伴うエフェクトの派手さは一見の価値ありです。ディズニー全般を知っている人にも楽しめそうな内容ですね。そう考えると当時はディズニーの知識がほぼ皆無な状況で楽しめたbbs(BGMも一度は聞いたことあるものばかりだった)は神作だったのかもしれません。