ガジェット

解約手数料無料!Air-WiFiの実力はいかに!

ポケットWiFiは固定光回線の代わりになるのか

新居では光回線を利用するのに工事が必要らしく、その繋ぎとしてポケットWiFiを契約しました。光回線はマンションの頃と比べるとだいぶ割高になるみたいで、今まで月額1,700円台だったのが一戸建てになるだけで月額6,000円台に…。回線を専有しているのが主な理由だそうな。

かといってポケットWiFiだと電波の強さとか3日で10GB制限とか色々と気になりますよね。

そこで見つけたのがAir-WiFi。

解約金は無料!ポケットWiFiでありがちな3日で10GBの通信制限がなく、月100GBまで高速通信が使えて月額3,608円(月額3,278円+契約期間なしオプション330円)!数あるポケットWiFiの中でも自由度が高くてしかも安い!ということで引っ越しに合わせて契約をしました。

ハイ!これが人生初のポケットWiFiです。電源を起動するだけで使えるようになるのは今風で便利ですね。給電はUSB-Cで行うのですが、常に充電をしていないと1日でバッテリーがなくなります。やっぱり電波を常に出している性質上バッテリーの減りも早いんでしょうね。

インジケーターランプ。よく分からん(笑)

気になる通信速度も計測しました。一般的には10Mbps以上であればストレスなく使えるレベルだそうですが、下り(ダウンロード)は良くても上り(アップロード)が絶望的な数値になっていますね。つまりはネット閲覧やメール受信は速くても動画などのアップロードはかなりヤバいです。

実際に5分36秒のYouTube動画をアップしてみたのですが、マンションでの光回線時は約7分で済んだものがポケットWiFiの場合だと約28分かかりました。やはり光回線と比べるとパワー不足は否めませんね。YouTubeアップロード中は他の端末における通信もかなり遅かったので同時接続は絶望的です。

1日あたりアマプラ1本、YouTube接続2時間ほどで10日間使用するとこれくらい消費します。20日で85GBと換算すると1ヶ月あたりの100GB制限はゆうに超えてしまいそうな気がします。よって家での回線としてメインでポケットWiFiを使うのは動画視聴を前提にすると厳しそうな気もしますね。

-ガジェット

© 2021 リベログ Powered by AFFINGER5